大宮のリハビリ&デイサービス・居宅介護支援センターならダイアリー

大宮のリハビリ&デイサービス・居宅介護支援センターならダイアリー

MENU

サービス内容

サービス内容

サービス内容

サービス内容

対象児 通所受給者証が交付され、重症心身障害児の支給決定を受けた方(児童発達支援については要相談)
営業日 火曜日~土曜日(日曜日、月曜日はお休み)
*祝祭日、春・夏・冬の長期休暇も営業
*年末年始をはさむ5日間はお休み
*GW期間中と盆期間中にそれぞれ1日はお休みとなります
営業時間 <火曜日~金曜日>

○児童発達支援      10:00~14:30

○放課後等デイサービス  13:30~18:00

<土曜日、祝祭日、長期休暇>

○児童発達支援      10:00~14:30

○放課後等デイサービス  10:00~17:00

定員 5名/日
  • スタッフ構成

    児童発達支援管理責任者、嘱託医、看護師、保育士、児童指導員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、指導員

  • サービス提供エリア

    さいたま市全域(その他の地域は応相談)

  • 送迎

    基本的に実施していません。施設周辺に3台分の駐車スペースがあります。

  • 昼食

    基本的にはお弁当の持参をお願いします。
    持参できない場合はご相談ください。

  • 特色

    • 家庭的な雰囲気の中で、お子さん一人ひとりの個性、生活のペースやリズムを大切に「心のケア・体のケア・家族のケア」を地域で担うための通所施設です。
    • スタッフは、保育士(または児童指導員)、看護師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、嘱託医(月2回)等の専門職を配置しています。
    • 医療的なケア(経管栄養や吸引等)が必要なお子さんも安心してご利用になれます。(主治医の先生からの診療情報提供書が必要となります。また、医療的ケアの実施にあたっては、保護者様に同意書での確認をお願いしています。)
    • 1回のご利用時間のなかで、専門職による個別指導(20分~40分)を提供しています。
    • 保護者様との対話を大切にしています。
    • 地域生活における他施設との連携に力を入れていきます。

ダイアリーだからできること

ダイアリーだからできること

  • 基本的運動能力の促進と育児支援
  • 運動機能の獲得と発揮・保育施設や学校への参加支援
  • 機能低下や二次障害の出現、介護負担の増加に対する予防と改善

個別指導

  • 感覚‐運動経験への働きかけを通した運動発達支援
  • 個別の課題に対する、遊びや生活場面での発達支援
  • 一人ひとりの能力を最大限に活かした、日常生活支援
    お子さんとそのご家族が自分らしく生きられることをお手伝いします。
  • 子供たちと家族が自分らしく生きられることを支援

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

  • 1.利用相談
    電話・メールにてお気軽にご相談。

    見学・面談(お子様とご一緒に)
    施設を見学していただき、内容をご説明します。同時にお子様の状況やご家族のお話をうかがいます。
  • 2.サービス等利用計画(計画相談)
    指定相談支援事業所にてサービス等利用計画案を作成いただきます。

    通所受給者証の申請
    お住まいの市区町村の担当窓口にて申請手続きを行っていただきます。
  • 3.利用申し込み ・ご契約
    お子様にあった具体的な支援内容を明確にし、ご納得いただいた上で契約を行います。
    通所受給者証・印鑑等が必要となります。利用日程の調整を行い利用開始となります。

料金表

料金表

【別表1】障害児通所支援給付費等の金額:通所支援利用料金表
下表の報酬単位数を円換算した額に、さいたま市地域区分割合(11.14)を乗じた額が障害児通所支援給付費等の金額(10割相当)となり、
利用者負担額はその1割相当(定率負担額)となります。

  • ◯児童発達支援給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    児童発達支援給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    児童発達支援給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。

  • ◯放課後等デイサービス給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    放課後等デイサービス給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    放課後等デイサービス給付費(1人あたりの1日の利用料金)

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。

  • 【別表2】利用者負担上限月額

    利用者負担上限月額

    利用者負担上限月額

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。