大宮のリハビリ&デイサービス・居宅介護支援センターならダイアリー

大宮のリハビリ&デイサービス・居宅介護支援センターならダイアリー

MENU

サービス内容

サービス内容

サービス内容

サービス内容

営業日 日曜日、年末年始をはさむ5日間を除き、(月)~(土)まで営業 *祝祭日も営業
サービス提供時間 8:30~17:30のうち7時間以上~9時間未満
*要支援の方はご自身での通所が可能な場合、時間の規定は設けていません。
(応相談となります。)
定員 38名/日
リハビリ*スタッフ

作業療法士6名、理学療法士3名、言語聴覚士1名、アニマルセラピスト2名

作業療法士6名
理学療法士3名
言語聴覚士1名
アニマルセラピスト2名

送迎範囲 見沼区、大宮区、中央区、浦和区、緑区、岩槻区、蓮田市(その他応相談)
対象利用者(実績) 40歳代からの脳血管障害、進行性疾患(ALS、パーキンソン病等)、多系統萎縮症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、各種整形外科疾患など、リハビリを必要とされている方々
注1)認知症の方の受け入れは行っておりません
注2)要支援の方は応相談となります
リハビリ*パターン

<集中的リハ>
病院退院直後から外来リハビリと同じようなリハビリを継続する場合

<オーダーメイドリハ>
個別的・専門的なリハビリを継続したい、または必要としている 
方々の進行に応じたオーダーメイドなリハビリ

<メンテナンスリハ>
他施設を利用しながら、または在宅生活を基本としながら、週に1~2回メンテナンス的に行うリハビリ

<集中的リハ>
病院退院直後から外来リハビリと同じようなリハビリを継続する場合

<オーダーメイドリハ>
個別的・専門的なリハビリを継続したい、または必要としている方々の進行に応じたオーダーメイドなリハビリ

<メンテナンスリハ>
他施設を利用しながら、または在宅生活を基本としながら、週に1~2回メンテナンス的に行うリハビリ

リハビリ*の
具体的内容

リハビリ*の具体的内容

  • 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士による個別のプログラムに基づくリハビリ(30分~45分程度)を全利用者に実施
  • 日常生活が可能となる程度までの重点的なリハビリ
  • 進行性の疾患に対する状態に応じたリハビリと福祉用具・自助具等のアドバイス・製作
    (義肢装具士と連携し、装具の修繕等も実施)
  • アニマルアシステッドセラピーにおける言語、動作、歩行トレーニング
  • 入浴動作、トイレ動作といった日常生活レベルでの動作から屋外活動を含む実際の場面での社会適応動作に対する専門的なトレーニング
  • 失語症、構音障害、嚥下障害に対するリハビリ
  • PC、ipad等を活用したコミュニケーショントレーニング
  • その他、個別的に必要なプログラムを実施

*リハビリ(リハビリテーション)とは医師の指示の下、実施されるものをさす。通所介護(デイサービス)では、医師が常駐していないため、
リハビリテーション国家資格者が携わった場合でも、「個別機能訓練」という名称となっているため、厳密にはダイアリーでのリハビリは「個別機能訓練」を意味する。

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

  • 1.利用相談

    お電話にて受け付けいたします
    ご本人、ご家族、ケアマネジャーなど関係者からのお電話に対応いたします

    ① 状態をうかがい、ご利用の対象かどうかを判断させていただきます
    対象  ・40歳~の介護保険認定者
        ・病院退院後でリハビリテーションの継続が必要な方
        ・状態変化に伴いリハビリテーションが必要と考えられる方
        ・進行性の疾患で専門職のアドバイスを必要とされる方
        注1)認知症の方の受け入れは行っておりません
        注2)要支援1,2の方は状態に応じてお受けしておりますが、
            基本的には要介護の方を対象とさせていただきます
        注3)介護者のレスパイトのみでのご利用はお受けしておりません
    ② ご見学または体験利用の日程調整
        (入院中の場合は、病院へ実態調査にうかがうための日程調整)

    お電話にて受け付けいたします
    ご本人、ご家族、ケアマネジャーなど関係者からのお電話に対応いたします

    ① 状態をうかがい、ご利用の対象かどうかを判断させていただきます

    【対象】
    ・40歳~の介護保険認定者
    ・病院退院後でリハビリテーションの継続が必要な方
    ・状態変化に伴いリハビリテーションが必要と考えられる方
    ・進行性の疾患で専門職のアドバイスを必要とされる方

    注1)認知症の方の受け入れは行っておりません
    注2)要支援1,2の方は状態に応じてお受けしておりますが、基本的には要介護の方を対象とさせていただきます
    注3)介護者のレスパイトのみでのご利用はお受けしておりません


    ② ご見学または体験利用の日程調整
    (入院中の場合は、病院へ実態調査にうかがうための日程調整)

  • 2.見学
    ・実際にお越しいただき、ご説明いたします
    ・見学のみの場合の送迎はございません
  • 3.体験利用
    ・身体面、生活状況等を評価させていただき、利用の必要性と利用の目的を明確にします
    ・体験は通常の利用と同じ内容で、送迎から行います
    ・昼食代のみをお支払いいただきます
  • 4.契約
    ・ご自宅にうかがい契約を行います
    ・契約時にご自宅の環境等の評価も併せて実施させていただきます
  • 5.利用開始
    ・居宅介護支援専門員によるケアプランと体験利用およびご自宅での状態を踏まえ、プラン(目標、プログラム)を策定します
    ・プランに基づき個別機能訓練や通所介護サービスを提供します
  • 6.プランの見直し
    ・状態に応じて1~3ヶ月ごとにプランを振り返り(モニタリング)、内容を見直します
  • 7.サービスの終了
    ・目標を達成した場合、もしくは状態の改善により介護保険の対象ではなくなった場合、サービスは終了となります
    ・1ヶ月以上に渡りご利用されない場合は、一旦サービスを終了させていただく場合がございます

料金プラン

料金プラン

【介護保険の給付対象サービス】

注1:介護度については更新により変更いたします

  • 介護保険の給付対象サービス

    介護保険の給付対象サービス

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。

    ◆上記「介護予防サービスの介護報酬」は1月あたりの金額です。
    ◆「選択的サービス複数実施加算」は運動機能向上・口腔機能向上の2つのサービスを受けた場合に算定される加算です。

  • 介護保険の給付対象サービス

    介護保険の給付対象サービス

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。

    ◆上記「居宅サービスの介護報酬」は1日あたりの金額(単位)です。
    ◆自己都合による時間の変更(突発的)に関しては通常の利用時間での算定となる場合がございます。
    ◆*については全利用者の方が対象となります。

  • 【実費対象サービス:昼食、飲み物、おやつ代の内訳】

    昼食、飲み物、おやつ代の内訳

    昼食、飲み物、おやつ代の内訳

    昼食、飲み物、おやつ代の内訳

    昼食、飲み物、おやつ代の内訳

    ※画像クリックで別ウインドウで開きます。